ファッション

ムートンブーツのムートンってなに?

ムートンブーツ。

冬になるとよく女の子が履いている茶色いブーツ。
定期的に流行になったりしていますが、

そもそも、ムートンってなんだっけ?と思ったことはありませんか。

答え:ひつじの毛皮

ムートンはフランス語で「ひつじの毛皮」という意味です。
Moutonと書きます。
シープスキンともいいますね。そのまま「ひつじの皮」ですね。

ちなみにムートンはフランス語なのですが、
このひつじの毛皮のことは、アメリカではムートン、フランスではムートンドレ、イギリスではビーバーラムと呼ばれているそうです。

毛皮ってことは…内側のモコモコのことや!

なるほど。ムートンはひつじの毛皮のことね。
毛皮……それは暖かいだろうに。

あ!気付きました?
ムートンブーツの内側のモコモコした部分が、ひつじの毛皮なんだ!
(外側だと勘違いしてたの私だけ?)

ムートンブーツも、外側の茶色い部分(茶色じゃない場合もありますが)はスエード(牛皮や合成皮革)なんですね。
たしかにムートンの絨毯とか、ムートンのシーツってふっかふかですもんね。

お手頃価格のムートンブーツはニセモノかも

ニセモノっていうと言い方が悪いですけどね。

お求めやすい価格のムートンブーツは、よ〜く見ると
「ムートン調」とか「シープスキン風」と記載していたりします。

 

やっぱりほしい!人気ブランドのムートンブーツ

人気ブランドのムートンブーツ。やっぱり質のイイものがほしいですよね?
高品質のものはあたたかさはもちろんのこと、撥水性・耐久性も高いので、結果長く履けることになります。

ムートンブーツで人気の高いブランドをいくつか紹介しますね。

UGG(アグ)

オーストラリア生まれのムートンブーツ元祖ブランド。品質も人気もトップクラス。

 

emu(エミュー)

UGGと同じオーストラリアブランドであり、UGGから独立したかたちで誕生したemu。革の染料に特殊な撥水剤を混ぜているので、よく水をはじき、耐久性が高いのが特徴です。
ソールもUGGよりしっかりしたつくりですが、その分重量もあります。

 

MINETONKA(ミネトンカ)

アメリカのブランドでモカシンシューズが有名です。熟練した職人によるハンドメイド製で、履けば履くほど足になじみます。

ミネトンカ公式サイト

 

mou(ムー)

モデルの梨香が履いたことで注目されました。ステッチのデザインが特徴的です。

 

KOOLABURRA(クーラブラ)

UGGの姉妹ブランドで、世界のセレブに愛されています。ハンドメイド製法で、防水加工など機能性も高いのが特徴です。

 

Australiia LUXE Collective(オーストラリア・ラックス・コレクティブ)

名前のとおり、オーストラリアでうまれたブランド。最高級のオーストラリア産羊を使用しており、価格帯も高めですが、品質や差別化を求める方に。

 

TORY BURCH(トリーバーチ)

ブーツに限らず、フルラインの揃ったハイブランド。

 

BEARPAW(ベアパウ)

ムートンブーツの売上が世界2位の実力派ブランド。かわいらしいデザインと手の届く価格帯で、個人的には次にほしいブーツです。

まとめ

いかがでしたか?
お気に入りのブーツをぜひ見つけてくださいね。